logo
Home

チュモン ソソノ

キム・ビョンギ (ヨンタパル役) / ソソノの父、商団の長 ホ・ジュノ (解慕漱(ヘモス)役) / チュモンの父、タムル軍の将軍 チン・ヒギョン (ヨミウル役) / 扶余の神殿の巫女 イム・ソヨン (プヨン役) / 神殿の元侍女、チュモンの初恋の人. チュモン (朱蒙) : ソン・イルグク ( 宮野真守 チュモン ソソノ (青年期・第3話~第33話)→ 小杉十郎太 (壮年期・第36話~第81話)) 古朝鮮 (コジョソン)の英雄 ヘモス と 中国 の 河伯 (ハベク)族長王女 ユファ の子。�. ハン・ヘジンが《ソソノ》とはまた違う、 コミカルで親しみやすい主人公《イ・ウジュ》でソムリエ役に挑戦! 。 韓国ドラマ「朱豪(チュモン)」あらすじ79話~81話(最終回)の感想.

ソソノたちを無事救出したチュモンが、プヨ宮殿に帰還する。 王妃やヨンポたちが、ソソノの救出をしきりに反対することに納得がいかないテソは、その理由を王妃へ尋ねる。 そこで王妃は「ソソノはお前を滅ぼす女だ」と明言する。. mbc 月火史劇『朱蒙』が最終回を迎え、一つ気になることが頭の中を. それだけじゃなく、ソソノにはもうひとつの野望もあり.

Eフォーカス : 朱蒙、ソソノ、イェソヤの中で誰を本当に愛しただろうか? この国の第三王子チュモンがbc37年に高句麗を建国し、共に尽力したソソノ(召西奴)が初の国母となる。. 他にも、チュモンの母・ユファ妃の. 二人はチュモンを亡き者にして権力を奪取することを目論みましたが、ソソノとヨンタバルがチュモンを救って阻止されます。 ソソノはヤンタクとヨンチェリンを国外追放に処しますが、後で謀反の真相を知って驚くことになります。. (チュモン(朱蒙)役) (ソソノ(召西奴)役) (テソ(帯素)役) (ユファ(柳花)役) (クムワ(金蛙)役) 扶余の第3王子。最初は頼りないですが、中盤からみるみるたくましくなっていき、高句麗の建国王となります。 陰に日向にチュモンを支えていきます。. チュモンとソソノが結婚して、落ち着いてくれて良かったー! でも、婚礼を挙げる2人の様子を、イェソヤが遠目に眺めているシーンは切なくなった.

ヨンタバル・ソソノの本拠地で、卒本の5小国中の1つ。 沃沮 (オクチョ) 朝鮮古代部族国家の一つ。 三足烏 (サンソクカラス) オープニングに登場する三本足の烏は古代神話に出てくる、太陽の中に住むという鳥でチュモンの象徴となる鳥。. More チュモン ソソノ videos. tvドラマ【朱蒙 -チュモン-】ではハン・ヘジンが召西奴(ソソノ)を演じました。 『三国史記』 百済本紀の分注の別伝を見てみましょう。 百済の始祖は沸流王であり、父は優台(ウテ)といって北扶余王解扶婁(ヘブル)の庶孫である。. だけど、ちゃんと実際に残る伝説が、あのドラマ「朱蒙(チュモン)」の中に生きていたんですね。 このチュモンの義息、ソソノの息子達の伝説もドラマにしたら、けっこう面白いかもしれません。 名前の読み方はドラマの中の名前にしてあります。. ヨンタバル君長や、ソソノ、その子供達のオンジェ王やピリュ王も実在の人物として歴史書には載っていて、オンジェ王は後に朝鮮半島を南に下り「百済」(ペクチェ)の元になる「十済」(シプチェ)と言う国を興し、最終的に都を今の忠清南道のプヨに. チュモン・朱蒙(ソンイルグク) ソソノ(ハンヘジン) テソ(キムスンス) ユファ(オヨンス) クムワ(チョングァンリョル) ヘモス(ホジュノ) 王妃(キョンミリ) ヨミウル(チンヒギョン) チュモン ソソノ チュモン ソソノ ヨンボ(ウォンギジュン) ヨンタバル(キムビョンギ). テソ(帯素) / キム・スンス 扶余の王クムワの長男で、武術・知力・策略に秀でた王子。チュモンに向けられるクムワとソソノの愛に激しく嫉妬心を燃やし、優れた能力を持ちながらチュモンのこととなると手段を選ばない。. ソソノはチュモンたちを捕らえたペマンにコサン国の塩の山について話し、塩の山を発見すれば大もうけができると持ち掛けて解放交渉をする。 ペマンはソソノの話に乗り、コサンまで商団を護衛することになった。 (63分).

チュモンと志を共にした初恋の人ソソノ、哀れな侍女プヨン、妻のイェソヤ、実父ヘモス、母ユファ、継父クムワ王、神女ヨミウル、大商人ヨン. 金蛙(クムワ)が朱蒙(チュモン)に対し、大変友好的だったためといわれています。 この部分はドラマのお話も遠からず・・・なんですね。 さて、召西奴(ソソノ)はどうなの? 本当に取り合っていたのでしょうか・・・。. ようやく最終回を迎えました。 長かったけど毎回面白かったです。 チュモンもすごいけど、ソソノは女性として魅力的でした。. ソソノとケピルはウテ死亡の悲報に泣き崩れ、その後、ソソノは力ずくでヨンチェリョンたちを服従させソンヤンへの復しゅうを宣言する。 ソソノたちはポンゲ山のタムル軍の砦を訪れ、チョルボンを母体に新たな国をともに建てることをチュモンに提案. 召西奴(ソソノ) 朱蒙が生涯愛し続けた女性。運命のいたずらで朱蒙(チュモン)との別れを経験します。のち、高句麗王妃となりますが、再度朱蒙(チュモン)と別れることに。百済王国の始祖とも言われています。 ヘモス(解慕漱). チュモンもソソノも2人とも、天から大業を成し遂げるよう運命づけられた人。 だから、相思相愛であっても、大業を成し遂げるために、恋はあきらめざる終えなかったと・・・・ チュモンは、高句麗。.

ソソノを想うテソは口実を作ってヨンタバル商団を訪れるが、ソソノがチュモンとともに旅立ったことを知って心穏やかではない。 さらに、ヨンポが軽率にもタムル弓の件をヨミウルに白状してしまったことを知って激怒する。. 。 早くチュモンに見つけてもらいたいな(>_ テソを見舞いに行ったソソノはチュモンが本当に扶余の王子であることを知るがこれを好機と考える。 ヘモスはチュモンを守るため、クムワに書簡を送り再会を約束するが、書簡の内容を知ったプドゥクブルの刺客に襲われる。.



Phone:(453) 143-6976 x 2843

Email: info@ltqq.i-zooom.ru